沿革

昭和2(1927) 年 故 松本金一が青果物の卸市場として、
個人会社松本商会を 「富士見市鶴馬2638番地」 に設立。
昭和30(1955) 年10月 その後の順調な業績に伴い法人組織に改組し、
「株式会社松本商会」 (資本金100万円)を設立。
昭和39(1954) 年 4月 資本金200万円とする。
昭和41(1966) 年11月 定款の営業目的を変更し、不動産部門を開設。
昭和42(1967) 年 6月 不動産部門を拡充する為、資本金700万円とする。
昭和43(1968) 年 9月 資本金 1,400万円
昭和44(1969) 年 7月 資本金 2,800万円
昭和45(1970) 年 8月 資本金 4,500万円
昭和46(1971) 年 8月 資本金 5,000万円
昭和47(1972) 年 8月 資本金 6,500万円
昭和48(1973) 年 8月 資本金10,000万円
昭和61(1986) 年 1月 新社屋を竣工し、本社を 「富士見市鶴馬3468番地」 に移転。
平成25(2013) 年 「ピタットハウス」 に加盟。(ピタットハウス鶴瀬店)

東京支店(東京都板橋区)を、「池袋・第10マツモトビル」 の9階に移転。
平成26(2014) 年 おかげさまで 「創立60周年」 を迎えました。
平成29(2017) 年 6月1日(木)
「大宮支店」、及び、「ピタットハウス大宮西口店」が、OPEN 致しました。